小田原銀座クリニック
 
  文字サイズ

 
CT検査
内視鏡検査
デジタル式超音波検査
胸部レントゲン検査
眼底カメラ・眼圧検査
心電図
肺機能検査
 
人間ドックのご案内
検査設備のご紹介
■ 内視鏡検査


検査に使用するのは2種類。「胃カメラ」と呼ばれる口から挿入する上部消化管検査(食道、胃、十二指腸)と、肛門から挿入する下部消化管検査(大腸)があり、消化管内の観察だけではなく、ポリープの種類や大きさによってはその場で摘出治療等も行うことが可能です。



所要時間
前処置10分位 検査15分位
■上部消化管(食道、胃、十二指腸)検査

疼痛苦痛症状が出る前の早期癌や胃炎・胃潰瘍、胃・十二指腸ポリープの発見に威力を示します。




所要時間
前処置2〜3時間 検査20分位
■下部消化管(大腸)検査

大腸癌、大腸ポリープの発見と同時に大腸ポリープ切除も可能です。近年大腸癌が増えておりますため、大腸検査を希望する方が多いです。
※上部及び下部の同日検査は負担がかかるためできかねます。






極細内視鏡(上部)



当クリニックがいち早く導入した、最新の極細内視鏡です。先端の直径がわずか5mmで従来の内視鏡の2分の1以下の太さです。

さらに先端が砲弾型になっているため、喉を通る際の苦痛、検査中の圧迫感が格段に軽くなりました。

又、最先端の電子内視鏡技術により高精密画像を実現し診断能力も向上しています。



経鼻内視鏡は喉の反射が強い方におすすめいたします。検査中でも会話ができます。


当クリニックでは内視鏡の洗浄、消毒を重要と考え
検査終了毎に自動洗浄器による洗浄、消毒を行っています。
検査終了後には手術室の殺菌にも用いるオゾン発生装置付保管庫で保存しています。



  小田原銀座クリニック
〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2-12-1 電話 :0465-21-5557 FAX :0465-21-6665